So-net無料ブログ作成
検索選択
ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプ V3 ブログトップ
前の5件 | -

デカップリングコンデンサをUTSJからKWに交換してみた [ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプ V3]

また、コンデンサ交換。

前回はリップルフィルタのコンデンサを低Z品のコンデンサに変更してみたら低域の質感が変化したので今度はデカップリングを交換してみた。

カップリング、デカップリング両方UTSJでもそこまでは不満がなく、UERMで聴く分にはかなり聴きやすく気に入っていた。しかし、SE530x6だとどうも音が濃すぎたので少しすっきりした方向にシフトしたかった。

スッキリした音と言えば自分の中ではニチコン FXだが手持ちは16V 33uFなどの小容量のものしか持っていなかったので断念。代わりにスッキリした音が出るらしいニチコンのKWにすることにした。

交換箇所はプラス電源とマイナス電源の3つの10000uFのデカップリングコンデンサ。

交換後のコンデンサの構成は

リップルフィルタ:ニッケミLXZ 2200uF 25V
デカップリング:ニチコンKW 10000uF 16V
出力カップリング:東信工業 UTSJ 4700uF 16V
定電流部追加コンデンサ:サンヨー OSコン 100uF 16V

となった。

交換して6日ほど経ち、十分音が安定したであろうということで少し感想を。


UERMで聴くと・・

カップリング、デカップリングどちらもUTSJだった頃に比べてやや音が硬質に変化。一言で言うとつまらない音に。やはり全体的にあっさりとした方向にシフトするようだ。あっさり目になり低音も締まるかとおもいきやその点はそこまで変わらない。UERMで聴く場合はデカップリングもUTSJの方がリスニング向きだと思った。


一方SE530x6では

交換する前はかなりこっさりした印象だったがややすっきりな傾向へシフトしたおかげかバランスとしてはある程度改善した気がする。音色が硬すぎず柔らかすぎず、見通しもそれなりに改善。全体的にオールマイティに聴けるようになった気がする。

ただ、UERMでもSE530x6でも同様だが全体的にスッキリしたからといって低音が引き締まるわけではないため低域だけはまだちょっと不満が残る。また、見通しがよくなるのはいいが曲によってはなんとなく情報量が削られたような、若干痩せたような音になってしまっている気もする。しかしSE530x6の場合はKWにした方が総合的には不満点が減ったと思う。


このアンプを今後どうするかは今のところ考えていないがマイナス側のデカップリングだけUTSJに戻してみてごちゃまぜにするとどうなるかも試すかもしれない。・・・が、コンデンサだけでこうも色々ととっかえひっかえするのも疲れるだけなのでほどほどにしたいと思う。


今後はアンプだけでなくDACもキットを買って自分で組んでみようかと思っている。
丁度据え置きで音質のいいDACを持っていないのでこのままちょっとずつ据え置きに移行していきたい。
まだ組んでないヘッドホンアンプの基盤もあるので色々と計画を立てて徐々に消化していきたい。


そんなことよりUMさん、3DDはまだですかね・・・


リップルフィルタの電解コンを低Z品に変更してみた [ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプ V3]

ぺるけ式差動ヘッドホンアンプ2号機のコンデンサをまた変更してみた。

今までのコンデンサの変更の流れとしては


当初は全てニチコンKAで作製
-> カスタムで使用する場合だと自分の好みではなかったためKAを全てUTSJに変更
-> トランジスタを変更する過程で定電流回路に並列にOSコンを入れる

としていた。

現状でUTSJの華やかで響きのある音でも気に入っていたがどうも低域が弱く、緩くなってしまう点が好きではなかった。

そこで今回は電源部のリップルフィルタで使用する25V 2200uFのコンデンサを低Z品に変更して音が変わるか確かめてみた。


2013-07-15 15.30.29.jpg

試しに買った低Z品が日本ケミコン(ニッケミ)のLXZ25V2200uFとPanasonicのFR25V2200uFの二つ。
今回は外観の色が綺麗という意味不明な理由でニッケミのLXZに変更してみた。


通電させて丁度100時間ぐらい経って音が安定したようなので感想を書いてみる。



まずリップルフィルタのコンデンサを変えて音の傾向が変わるか?という点についてだが、音の傾向が結構変わったので驚いた。

ほぼUTSJで固めていた時は低音が緩くあまり出ていなかったがLXZだと逆に低音が増強され、音場も前後に少し拡大した。高域は相変わらずUTSJの華やかさがありUTSJのいいところをスポイルしてはいないみたい。

特別締まった低音が出ているわけではないが個人的には十分締りのいい低音が出ており、音場の前後の拡大、低音の増強によって全体的にダイナミックな音になった気がする。

UTSJばかりで固めていた時はUERMで聴くと低音がかなり弱めだったがLXZだとUERMでも過不足なく低音が出るようになり、LXZに交換したことによって低域の不満がある程度改善する結果となった。

しかしメリットだけでなく若干ではあるが全体的な音色が明るめ、華やかな音だったのが暗め、落ち着いた方向にシフトしてはいるようだ。付帯音も若干減ってしまったが音と音の分離感は上がったように思われる。

とはいえ明らかにメリットのほうが大きく、今回の交換は成功だったと言えそう。


おそらくLXZ自体の音の傾向はスッキリで低域のキレがいい部類の音だと思うが2号機のUTSJやLGMFSAシリーズの抵抗と組み合わせることによっていい塩梅になっている気がする。


電源部のコンデンサは非オーディオグレードとかノイズ除去を考えて低Z品やOSコンを使用するほうが結果として「良い音」になるのかもしれない。


今度はニッケミLXZをPanasonicのコンデンサに変更するか、LXZをそのままにしてデカップリングの大容量コンデンサをニチコンKWにしてみようかと思う。


しかしなぜコンデンサ1つ変えるだけでこんなに音が変わるんだろう・・・



コンデンサをUTSJに固定してのトランジスタ交換 [ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプ V3]

perukeV3rev2.jpg

ぺるけ式ヘッドホンアンプのコンデンサをニチコンKAからUTSJにして不満点が結構改善したが、ではコンデンサをUTSJに固定したままでトランジスタを取っ替え引っ替えしたらどうなるだろう?と思いトランジスタを交換してみた。


上の回路図は前の記事と全く同じものでコンデンサをUTSJに変えた当時は

Q5:2SA1015(GR)
Q6:2SC1815(GR)
Q7:2SC3421(Y)
Q8:2SA1358(Y)

としていた。

この構成でも十分気持ちのいい音だったが、トランジスタを試しに以下のように変えてみた。

Q5:2SA970(GR)
Q6:2SC2240(GR)
Q7:2SC4883A
Q8:2SA1859A

ちょっと前の記事でサンケンのC4883/A1859Aだとメリハリのある音だったという感想を書いたが、コンデンサがUTSJの場合も同様の音になった。

またA970/C2240の影響もあってか適度にメリハリがあって柔らかい音になった気がする。
しかし、全体的な傾向としては4883A/1859Aの音の音色の方が支配的のようにも思った。

4883A/1859Aの影響というよりもダイヤモンドバッファの前段か後段の違いによるものなのだろうか。
やはり前段のトランジスタよりも電流を多く流す後段のトランジスタによる影響の方が大きいのかも?


一応再度数日間鳴らしこみを行ったが、どうにも4883A/1859Aの音が好きになれず、さっきQ7,Q8のみ3421/1358に戻した。

4883A/1859Aだと低音の押し出しが良く、全体的にメリハリのある音になる部分は良いのだが、全体的に響きのないつまらない音になり音場も狭くなる印象だった。

3421/1358の場合は低音の押し出しが強くもなく音の輪郭も若干甘めになるが楽器の響きがよく聴こえる印象。音もどっちかというと細い。

打ち込み系には4883A/1859Aの方がノリがいいが、音場が結構狭くなってこじんまりしてしまうのが許せなかったので断念した。

ということで現在は

Q5:2SA970(GR)
Q6:2SC2240(GR)
Q7:2SC3421(Y)
Q8:2SA1358(Y)

にしている。

Q5,Q6に関しては1815/1015でも970/2240でも不満はないので970/2240のままでいこうと思う。

上記の構成だと音が適度に滑らかで響きもよく音の濁りも1号機に比べて少ないバランスのとれた音になったと思う。

ただ、強いて言えばもう少し低域のアタック感が欲しいのと響きと見通しの両立を図りたい。

今後はすっきりした音になると言われているニチコンKWに交換、リップルフィルタのコンデンサを低ESR品に変更してみて音を聴いてみたい。

UTSJとKWを組み合わせてすっきり感と付帯感のバランスを取りたいと考えているが果たしてうまくいくのだろうか。

コンデンサを全て東信工業UTSJに変えてみた [ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプ V3]

2013-06-26 14.28.25.jpg

タイトルの通りぺるけ式ヘッドホンアンプのコンデンサをニチコンKAから全てUTSJに変更してみた。


初日:音が硬くザラザラしているが割とクリアで聴きやすい。響きなどは感じられない。
3日後:音がだいぶ落ち着いてきて柔らかい方向にシフトしている。が響きなどがイマイチ。もこもこ。
9日後:音に響きが付与され非常に滑らかな音になる。高域も繊細な方向にシフト。

以上の結果からコンデンサを一度変えたら最低でも1週間程度は待ってから比較するのがよさそう。
個人的な感覚では3日ぐらい経てばもう大丈夫だろうと思っていたが、音が安定するまでの時間に関しては個数や使用する耐圧、容量によっても若干変わるのかもしれない。


現在はKAだったころに比べ見通しが改善し、音の響きが心地よく感じられるようになった。
ただ、UTSJマンセーというわけでもなく、中高域は綺麗な音だが低音が若干弱く、UERMだとそれが顕著だった。
締りのある低音というよりは少々粘っこい感じの低音でゴツゴツした低音が欲しい場合は物足りないかもしれない。

また、KAにしようがUTSJにしようが音の空間が前後に広がることはなく、こういった部分は初段増幅の2SK170などに依存しているような気もした。音の分離に関してはまだfi.Qの方がよく感じたりする。



1号機と比較してみると、ニチコンKAの場合だとジャンルによって使い分けができるといったレベルだったがUTSJに変更して1週間以上鳴らしこみをしてみると明らかに1号機よりも2号機の方が音がいいと感じた。

現状であまり不満はないがコンデンサを組み合わせて低音を増強できるかどうか試してみたいしダイヤモンドバッファトランジスタを再度2240/970に変更してみようと思う。

C2240/A970を変更してみたら…+擬似T型の導入 [ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプ V3]

早速FET差動ヘッドホンアンプ2号機のダイヤモンドバッファの初段トランジスタをC2240/A970からC1815/A1015に戻してみました。
あと1号機ときちんと比較するために最終段も3421/1358に戻してしまいました。

これでダイヤモンドバッファ回路に関しては1号機とほぼ同じ構成です。

早速試聴してみますと確かに音のキャラクターが若干ではありますがメリハリのある音にシフトしました。
しかしまだ1号機の方がくっきりとした音です。

ただ、今回の交換によって1号機と2号機の音色の差がなくなってきたのは事実で、2号機も好みの音色にシフトしていっているのは間違いありません。

ですが、音の滑らかさに関してはC2240/A970による影響もありますがこのトランジスタに支配的であるというわけではなさそうです。



現状で1号機と2号機の大きな差異は

①抵抗が違う 
 ⇒ 抵抗は使用本数が多いので音色を決める要因としては大きいと考えられる。

②定電流回路のC1815/A1015のランクが違う
  ⇒ ランク(ローノイズ版か否か)が違うだけで音色が大幅に変わるとは考えにくい。

③コンデンサが違う 
 ⇒ 経験上音色を決める要素であることはほぼ間違いない。

④内部配線、はんだの種類が違う
 ⇒ 確かにラインケーブルなどで音色は変わるので配線による影響も多少はあると思われるがそれほど影響は大きくない気がする。


の4つ。

②は質が向上する可能性はあるにしても音色が変わるとは思えないのでここでは却下。
④は少なからず影響はあるかもしれないが内部配線を変更するのが大変ですし、ハンダの種類で音が変わっても微々たるものだと思っているのでとりあえず今回は検証しないことにしました。

で、抵抗とコンデンサが残ったわけですが、抵抗に関しても全てを交換するのが面倒過ぎるので却下したい。でも抵抗の質?の差異があるかだけでも確認したいなと思いまして、突発的にボリュームを擬似T型に変更することにしました。

擬似T型(擬似L型)の説明は面倒なので割愛。下記のサイトを参考にしました。
http://nabe.blog.abk.nu/onshitsu-r
http://odotc.blog7.fc2.com/blog-entry-87.html

今回は信号が直接通る抵抗を変えるとどれだけ出てくる音が変わるのかということを確認したかったので1号機、2号機ともBISPAで取り扱っている音響用抵抗(2号機で使用したものと同一)を使いました。

ぺるけ式で使っているVRは50kAカーブなのですが、イヤホン使用時にもう少しボリュームのツマミを回せるようにしたかったので信号に対して直列に入れる抵抗値は100kΩを使いました。

これで多少はつまみを回すことができそうです。(それでも9時だった方向を10時にできる程度ですが・・・)
入力インピーダンスに関しては抵抗値を極端に上げるわけではないのでさほど大きな問題にはならないはずです・・・


直列抵抗を挿入後の肝心の音なんですが多分今まで部品や配線方法を変えていった中で一番音が変わったように思えます。これには本当に驚きました。
ベースとなる音のキャラクターは基本的に変わっていないのですが、細かい音までよく聴こえるようになり確実に"音質"は以前より向上しました。

1号機2号機どちらも所謂ベールを一枚剥いだような、音の鮮明さが増したような、そんな音に変わりました。
1号機はよりくっきり澄んだ音に、2号機はより滑らかな音になったため、このビスパ抵抗が2号機の音色の不満点の直接的原因ではないようにも思いました。

あと前回のインダクタをバイパスした時は1号機の音がかなり変わったのに対し、擬似Tの影響は2号機の方が大きく、2号機の音がすごく刺激のない音になりました。
多分オーディオ的にはすごくいい感じなんでしょうけど打ち込み系には個人的に合わないですね・・・
UERMには合いますがSE530x6だと滑らかすぎてさらに物足りない感じになってしまったのは残念かも。
まだヘッドホンで聴いていませんがヘッドホンだとこういった落ち着いた音の方がリラックスして聴けそうです。

しかし通常のボリュームに抵抗を1本入れるというお手軽改造なのに改善度合いが大きいのはいいですね。
今後通常のボリュームを使う時は全部擬似T型にするのもありだと思いました。


結果として擬似T型の導入により1号機の一部にビスパ抵抗を使っても音がのっぺりした感じにならなかったのでビスパ抵抗が私の好みではない音を作っている主原因ではないかもしれません。

ということで色々と試して来ましたがやはりニチコンKAが自分には合わない気がしてなりません。
自分にはというかSE530x6で聴く場合はと言ったほうが適切な気がしますが。


明日UTSJが届く予定なのでとりあえずKAをUTSJに変えてみてまたレポしてみます。
コンデンサじゃなかったら・・・きっと抵抗なんでしょうけど・・・
前の5件 | - ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプ V3 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。